大学受験 予備校講師列伝 坂本英知先生&栗山健太先生

JUGEMテーマ:大学受験

 今日は久しぶりに?大学受験予備校代ゼミの英語の先生のレビューです。

 ちなみにこれまで書いた代ゼミ講師のレビューは、こちら↓

 ・大学受験 予備校講師列伝 \召ょうじ先生 Part.1
 ・大学受験 予備校講師列伝◆\召ょうじ先生 Part.2
 ・大学受験 予備校講師列伝 佐々木和彦先生
 ・大学受験 予備校講師列伝ぁ‥鯡效了棒萓
 ・大学受験 予備校講師列伝ァ〇核椽咯疾萓
 ・大学受験 予備校講師列伝Α\見尚先生
 ・大学受験 予備校講師列伝А〔攣外戝棒萓
 ・大学受験 予備校講師列伝─‖臻抖畧萓
 ・大学受験 予備校講師列伝 佐藤幸夫先生
 ・大学受験 予備校講師列伝 笹井厚先生
 ・大学受験 予備校講師列伝 松本真一先生


よろしければ一度ご覧ください♪


ということで今回はちょっとマイナーな?といっては失礼ですけど、これまで紹介した先生に比べると影の薄い?先生のレビューです。


実は坂本英知先生、栗山健太先生ともに春期講習しか受けていません。
だから今回はあくまでも参考程度の感想として考えてください。

まずは坂本先生です。

春期講習でちょろっと受けただけですけど、「なんかフツウ笑」。
まあ悪くないとは思うんですけど、なんというかこっちに訴えかけてくるものがない。

たとえば構文の説明にしても5文型を基本にして説明して、ここがSでここがVでとか、まあそうなんですけど、それだけなら後付でもできるかな〜?と。
要するに西先生とか佐々木先生のような、『なぜそこがSなのか、Vなのか』『なぜそう判断するのか」という思考についてあまり教えくれないんですね。


最初に主語や動詞が分かっていればたいていの英文は読めるわけで、個人的には「どうしてそうなるか?という部分を教えもらえたら良かったかな〜」なんて思います。

ちなみにこれは大学受験とは関係ないですけど、かっこよかったかな??(笑)



次は栗山先生

第一印象というか最後までそう思ってましたけど、『いい人そう』。
でも説明は普通。

授業は基本に忠実でとても素朴ないい人というのが印象です。
でもそれ以外印象に残っていません。


たぶんいい人だと思うので悪くいいたくはないのですけど、西先生にしろ富田・西谷先生にしろすごい先生ってなんかオーラがあるんですね。
だから、個人的には、逆にいい意味での癖みたいなのがあったら良かったかな〜と思います。



ちなみに二人とも文型や文法重視の基本に忠実な講義だったんで悪い先生ではないと思います。
英語が苦手でまずは基礎からという方にはおすすめではないでしょうか?
(坂本先生はちょっと怪しい雰囲気が漂ってたんで、好き嫌いが分かれるかもしれません。)


大学受験の予備校・塾情報について書いています
大学受験 予備校ネット    http://www.daigaku-jyuken.net/



 




大学受験 予備校講師列伝 佐々木和彦先生 英語

予備校講師列伝の3回目は「佐々木和彦」先生です。(西先生のお薦めの参考書とかはまた別の機会に書きたいと思います。飛び飛びになってしまってすみません。)

今年はひょんなことから「西の方が、佐々木の方が」と某匿名巨大掲示板で話題なっていたようですが、基本的に西先生と佐々木先生は英文に対するアプローチの仕方が似ていると思います。(西先生の授業でも佐々木先生のことをいい意味で紹介していました。)

それは「情報構造」という文脈でなのですが、情報構造ということだけで言えば恐らく佐々木先生の方がよく分かってらっしゃるのではないかと思います。西先生はちょこっと触れるだけのことが多くあまり読解に役に立ったとは言えなかったのですが、佐々木先生は結構詳しく説明してくれました。(ちなみに情報構造と言えば、河合塾の太庸吉先生も有名です。太先生の場合は「表現リレー」と言っているようです。)

それはさておき、佐々木先生の良かったところは、まず《解説が非常に詳しい》ことです。

また西先生との比較になってしまい恐縮なのですが、西先生の場合はあまり板書もしませんし、基本的なところは説明しないこともままあります。(クラスによって違うかもしれませんが…。)
逆に佐々木先生は板書が丁寧で事細かに説明してくれます
ただ、結構早口なので何を言っているのか分からないことがたまにあるのと、寒いダジャレ?が玉に瑕です。

自分はフレックスだったので何を言っているのか分からないときは巻き戻して見ていたのですが、良く聞いてみると早口で寒いダジャレを言っていただけのこともありましたたらーっ


あとは、《文法の知識がすごい》ですね。
授業を受けてみれば分かりますが、なぜそうなるかを根本から分からせてくれます。
これは佐々木先生本人が言っていたことですが、whatだけで1時間は授業できるそうです。


偉そうな言い方にはなりますが、佐々木先生は欠点のない先生だと思います。
寒いダジャレをのぞいてこの先生が合わないという人はあまりのではないでしょうか?

ただ、それが逆に佐々木先生の欠点のような気もします。(本当に偉そうですみません汗
説明が難しいですが、代ゼミの英語四天王と呼ばれた(呼ばれている)先生方(西・富田・西谷・今井の各先生方)はいい意味でも悪い意味でもアクがあります。だから絶賛されることもあれば批判されることもあるわけですが、欠点を補ってあまりある長所があるからこそ超有名講師でいられるのだと思います。超有名講師の方は良くも悪くもアクがあって、ある意味で教祖のようなオーラがあります。

その点で佐々木先生は、《あまりアクがない→万人に合ってしまう→絶賛も批判もない→あまり有名になれない》という感じなのかもしれません。

私自身が授業を受けた感想も「分かりやすいし良いんだけど、もう少し…」という感じでした。
とはいっても説明は分かりやすいですし、授業を受けていて為になったこともたくさんありました。授業を受けて不満という人はあまりいないと思いますので、興味のある方は一度受けてみると良いかもしれません。

注意)全て私自身の個人的な感想です。感じ方は人によって違うかもしれませんので、予めご了解ください。





大学受験 予備校講師列伝◆\召ょうじ先生 PART.2 英語

予備校講師列伝 西きょうじ編」の2回目です。

前回は彼の授業のすばらしさについて書いたのですが、今回は彼の欠点について書いてみたいと思います。

正直、講義は言うことないのですが、にかなり個性的で、合わない方が多いかもしれません。

たとえばどんなところかと言うと…

○ネタが多いガーンネコ

 ○は自分で補ってください(笑)自分はサテラインだったのでもそれほどでもなかったのですが、知り合いが言うには、生授業だとかなり過激なようです。


生徒にからむ(^_^;)

 いろいろと面白そうなネタを見つけては、からみます。からまれるのがいやな人は、後ろの方に座るか、サテラインにしましょう。


板書があまり詳しくない

 板書は必要最低限のことが多いです。抽象化されていることが多いので、基礎ができていない人にはつらいかもしれません。


じ頭での説明が多いが、滑舌が悪い

 滑舌は正直良くないです。


という感じですね。

滑舌が悪いのは事情があるようなので仕方ないのですが、 銑は合わない人も多いかもしれません。
でも、は全く説明しないわけではなく自分で彼の参考書や他の参考書で補うことはできるし、 Ν△論格的な問題なので、私はあまり気になりませんでした。

言い方は悪いですが、予備校の講師はこちらがうまく利用してなんぼだと思います。
性格的に合わなくても講義内容がいいのなら、自分なりに対策を考えて授業に臨むのがいいかもしれません。
JUGEMテーマ:大学受験





大学受験 予備校講師列伝 \召ょうじ先生 PART.1 英語

JUGEMテーマ:大学受験

予備校講師列伝の1回目は、代ゼミの有名英語講師《西きょうじ》先生です。

かなり有名な方なので知らない人は少ないとは思いますが、かなり個性的な方で、たぶん好き嫌いが分かれると思います
こんなこと言ったら失礼ですけど、性格はあまりよくないかもしれません。
でも、講義は最高です。そして、ひねくれているけど実は生徒思いです。

私は1回体験で受けてみて、即、彼に1年間ついて行こうと思いました。


彼の講義のどこが良いかというと、まず、《情報量の多さ》です。
正直自分は90分では消化しきれませんでした。だから、毎回巻き戻して30分くらいは延長してみていました(^_^;)
個別ブースのサテラインだからできたことですけどねわらう
それくらい濃い内容の授業です。


次に、《内容の深さ》です。
授業で、さらっと深いことを言います。そして、あまり説明しません。
でも、何日か何週間かして、ふと理解できることがあるんですね。たぶん自分の中でずっと考え続けてきて、彼の考え方(思考方法)を受け入れる準備ができたときにこういう感覚になるのだと思います。

要は、はじめに聞いたときには意味が分からなくても、よく考えてみると分かることが多いのです。
これは実際に受けて、自分でとことん考えてみないと分からない感覚かもしれませんが、やっぱり《深い》としか言えません(笑)


そしてこれが一番ですが、《思考過程を示してくれる》ということです。
英文を左から右に読んでいく中で、なぜそういう読み方をするかということ、なぜそう訳すのかということを明確に示してくれます。実はユーチューブで伊藤和夫先生の講義を見たことがあるのですが、これに似ていないこともないです。ただ、彼の場合はそれを柔らかくし、独特の発想も加えてアレンジされています。かなり頭の柔らかい方という印象です。しかし、目指す方向は同じだと思います。授業の中でも伊藤和夫先生のことを話していたこともあります。(これについてはまたの機会に譲ります。)


他にも、富谷先生や西谷先生、佐々木先生など代ゼミにはすばらしい英語の先生が揃っていますが、私の個人的な感想としては、西先生が一番だと思います。(佐々木先生の授業も受けていましたので、それについての感想は次回以降に書きます。)

*このブログは私自身の経験に基づいて大学受験参考書や予備校の講師について感じたままに書いています。
感想はあくまでも主観的な内容ですので、予めご了解ください。



calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
今日の一言
国立二次試験まで泣いても笑ってももうわずか。 最後まで悔いなく全力を尽くして頑張ってください!!
ブックマーク
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 国立大学入試最後の追い込みに向けて|おすすめの参考書・問題集・勉強法
    AtoZ (08/26)
  • 国立大学入試最後の追い込みに向けて|おすすめの参考書・問題集・勉強法
    みう (06/06)
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM