<< 大学受験 予備校講師列伝ァ〇核椽嗜裟萓検/学の苦手な人へ | main | おすすめの大学受験参考書 英単語編(システム英単語) >>

大学受験 予備校講師列伝Α\見尚先生 数学

JUGEMテーマ:大学受験

いや〜、しばらくブログほったらかしになってすみません。
2週間ぶりくらいですね。
あんまり肩肘張って書くと続かないんで、今までよりもまったりとした感じにしていきます。


ということで、今回は予備校講師列伝の6回目《浅見尚》先生です。


浅見先生の授業は代ゼミのサテラインで京大文系数学を受けていました。(1学期だけ)

第一印象は、ぶっきらぼうな人だなという感じでしたね。
入ってきて(画面に登場して)いきなり自己紹介をはじめて、とりあえず名前だけ書いて「浅見です。」でほぼ終わりです。
正直あんまり健康そうでないし(笑)、「大丈夫か?」というのが第一印象でした。


ただ、授業はホントに分かりやすかったですね。

きちんとなぜそう考えるか、なぜそういう解き方をするかというところから始めてくれますし、同じことを何度も言ってくれるので数学の苦手な(偏差値40くらいの)自分にも何とかついていけました。

あとは別におもしろいことを言っているわけではないんですけど、表現がおもしろいです。
「ビコビコ…」とか、「ガチコンとくっつけてやるんです」(うろ覚えなんでちょっと違うかも)とか、とにかく印象に残ります。


その中でも一番印象に残っているのはシグマの説明でした。
自分なんかは数学が苦手なのでシグマ記号とか見るとそれだけでやる気がなくなってたんですね。ハイ、無理みたいに(笑)

でも浅見先生が授業で、「君たちシグマ記号が嫌いな人多いでしょ?でも、シグマなんて別になんでもいいんですよ。」とか言い出して、教室に貼ってある「日々是決戦」という張り紙を見て「シグマ記号じゃなくて決と戦でやってみましょう」といってその状態で問題を解きだしたのです。

まあ、結局はシグマなんてただの記号だということを言いたかったようですけど、それ以来自分の中でシグマに対する苦手意識がなくなって、積極的に問題にトライできるようになったのを覚えています。

だからこれは一番印象に残ってますね。


京大レベルの難問でも基本概念に帰着させる解法もそうですし、自分の講座の宣伝を全くしないとこと、ひたすら授業をする職人的な姿も好きでした。

今から考えれば、前回の山本先生はどちらかというと近くにいて励ましてくれる存在で、浅見先生はあこがれの存在でしたね。結局は自分にできないことをいとも簡単にして分かりやすく説明してくれるんで、純粋に「この人スゲー」みたいな感じです(笑)

自分は数学が一番の苦手教科で京大レベルの数学をとっている場合ではないということで2学期からはやめましたが、何でこの人がサテラインをもっと持たないんだろうと思うくらいすばらしい先生でした。



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
今日の一言
国立二次試験まで泣いても笑ってももうわずか。 最後まで悔いなく全力を尽くして頑張ってください!!
ブックマーク
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 国立大学入試最後の追い込みに向けて|おすすめの参考書・問題集・勉強法
    AtoZ (08/26)
  • 国立大学入試最後の追い込みに向けて|おすすめの参考書・問題集・勉強法
    みう (06/06)
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM