<< おすすめの大学受験参考書ぁ.咼献絅▲覬冓顕鮗瓠^貌O舵彿 | main | 大学受験 予備校講師列伝 笹井厚志先生 現代文 知の現場 >>

おすすめの大学受験参考書ァ^貌O舵彑萓検PART.2

 

お勧めの大学受験参考書ぁ^貌O舵彑萓検.咼献絅▲覬冓顕鮗》の続きです。


基本的に内容自体はとても良いと今でも思っていますが、自分も含めてなかなか最後まで終わらせられない、続かない理由をちょっと考えてみたんですね。


で、原因としてはまずは『』だと思います。
前回も書きましたが2冊合わせて500ページ以上あって、これをやりきる(しかもきちんと自分のものにした上で)というのはなかなか難しいでしょう。

しかも、先生がとても口うるさい
とても基本的英文から構文を身につけさせようとしていますので、「そこまで考えなくても分かるやん??」みたいなところまで口うるさく「こういうところからきちんとやりなさい」的なことを言われます。

確かにそうなんでしょうけど、最初からそうだと続ける気がなくなってしまうのかな〜?とは思います。(というか、今から考えると自分がそうでした。)逆に言うとそれだけ解説が詳しいということにもなるんですけどね。


まあ、前回も紹介した伊藤和夫先生の動画を見ていただければ分かると思います。


伊藤先生の参考書としては他にもいっぱい(というか駿台の英語の参考書はほとんど?)あるのですけど、『ビジュアル英文解釈』との関連で言えば『英文解釈教室』が有名です。


英文解釈教室→ビジュアル英文解釈→英文解釈教室の改訂版


という感じで出版されているようです。

伊藤先生曰く、「英文解釈教室では、1冊で全ての構文を網羅し、その体系を全て生徒に示すことを目指した」そうです。
しかし、英文解釈教室の出版から年を重ね、指導を重ねていくにつれ、「全ての構文の体系を示すのではなく、それは教える側が持っていた上で、英文を読みそれを理解していく中で生徒が自然に構文の知識を身につけられるような本」を書きたいと思い『ビジュアル英文解釈」が生まれたと言うことです。


自分は英文解釈教室のことも知っていましたが、「難しすぎる」というイメージが強かったためしていません。
でも参考書の買取をしているとたまにはいってきて結構ぼろぼろになるまでしているかたもおられたりして、純粋にすごいな〜と思ったりはします。


英文解釈教室やビジュアル英文解釈のことについてはこちら→伊藤和夫の英語に載っています。


「本書の説く思考法が諸君の無意識の世界に完全に沈み、諸君が本書のことを忘れ去ることができたとき、『直読直解』の理想は達成されたのであり、本書は諸君のための役割を果たし終えたこととなるであろう。」

って言葉、かっこいいですね(>_<)

 

 

 

JUGEMテーマ:大学受験

 

 




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
今日の一言
国立二次試験まで泣いても笑ってももうわずか。 最後まで悔いなく全力を尽くして頑張ってください!!
ブックマーク
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 国立大学入試最後の追い込みに向けて|おすすめの参考書・問題集・勉強法
    AtoZ (08/26)
  • 国立大学入試最後の追い込みに向けて|おすすめの参考書・問題集・勉強法
    みう (06/06)
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM