<< おすすめの大学受験参考書ァ^貌O舵彑萓検PART.2 | main | 大学受験 予備校講師列伝 松本真一先生 ことば/構造の対応? >>

大学受験 予備校講師列伝 笹井厚志先生 現代文 知の現場

JUGEMテーマ:大学受験

 


またまた久しぶりの更新です。
今日は代ゼミの超有名?現代文講師『笹井厚志』先生です。


笹井先生の講義は1学期に単科の『知の現場』をとっていました。
まあかなり有名なので知っている人が多いと思いますが、《S→ぐ→W》という独特の公式?を使います。
《S→ぐ→W》は、「主語→(傍線部を)具体的に→なぜ(と突っ込んでみる)」ということです。


で、笹井先生曰く「私の授業ではこれしか使わないの。ほとんどの問題は『S→ぐ』で解けるから」らしいです。


が、こちらとしては「ほんまかいな??」って感じなわけですね。
う〜ん、でも確かに笹井先生はそれで解いてます。


ただ、授業を受けていてちょっと思ったのが、『S→ぐ→W』というのは別に特別な公式ではないと言うことです。
笹井先生の授業は基本的に変にテクニック的なところはなくまずは文章を読んで、読みながら背景知識とか重要語句とかを解説して、解説しながら解くという感じです。
それで、問題を解くときに例の『S→ぐ(→W)』を使うんですね。


でもこれって普通の国語の解き方(内容を理解して解く)とそれほど変わらない、というかそのままなのではと思ったわけです。
普通に考えて、内容も分かってないのに「傍線部の主語は?」とか「傍線部を具体的に」とか言われても答えられるわけないですよね。


自分は、最初は頑張って「ぐ」とかしてた(してみてた)んですけど、そういうふうに思うようになってからは無理するのはやめて、普通に解いてちょっと詰まったときとかに意識的に解くというか、意識して根拠を探すときとかに考えるようにしました。


まあ、ここに書いているのは単なる推測なので実際に笹井先生がどういう目的で例の公式を使っているのかは分からないんですけど、自分としては意識して文章を理解しようとして読む(読ませる)、意識して細部の分析をさせるための一つの手段・道具ととらえてあまり深く考えすぎるのは途中でやめました。


講義自体は背景知識の説明とか、語句の説明とかも分かりやすくてよかったのを覚えています。
あと、たまに炸裂する笹井劇場?とかも笑


当時は国立大学を目指してたので1学期で「知の現場」はやめてしまいましたけど(「知の現場」は早稲田とかの難関私立向けみたいです)、一見奇をてらっているようには見えて実は基本に忠実なとても分かりやすい先生です。


 

 




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
今日の一言
国立二次試験まで泣いても笑ってももうわずか。 最後まで悔いなく全力を尽くして頑張ってください!!
ブックマーク
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 国立大学入試最後の追い込みに向けて|おすすめの参考書・問題集・勉強法
    AtoZ (08/26)
  • 国立大学入試最後の追い込みに向けて|おすすめの参考書・問題集・勉強法
    みう (06/06)
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM