<< 大学受験 予備校講師列伝 松本真一先生 ことば/構造の対応? | main | 大学受験 予備校講師列伝 坂本英知先生&栗山健太先生 >>

おすすめの大学受験参考書Α ̄冓庫 〇蓋 英文法講義の実況中継

 

本日は《おすすめの大学受験参考書》の6回目。

今日紹介するのは、以前紹介したビジュアル英文解釈と同じくらい大学受験では定番ともいえる《山口 英文法講義の実況中継》です。


実は英文法講義の実況中継は最初の受験の時にもしていて、これだけは(笑)最後までやりきった覚えがあります。
で、再受験をするにあたって英文法の復習のために3〜5月辺りに再度解き直しをしました。


内容の方は、やはり今でも定番なだけあって充実しています。
だいたいは最初に受験生が間違いやすい問題の提示から始まって、その問題を解説していく中で間違いやすいポイント・重要な文法事項が無理なく理解できるようになっています

「現在完了は『現在』を含む」とか、『比較の2文結合』とか、今となっては当然で、もちろん予備校でも多くの講師から習いましたけど、(最初の受験の)当時としてはとても新鮮みのある内容だったのを覚えています。


しかし、間違いやすい問題は本当に間違います。
まあ、間違いやすいから取り上げているわけですけど、2回目に解いたときなんかはある程度答えを覚えているはずなのについつい引っかかったりして、かなりの強敵です
語り口はやわらかくて取っつきやすいですけど、自分のような文法苦手君(笑)にはきついかもしれません。
でもきついということはそれだけタメになっているということなので、頑張ってすれば必ず力が付きます。


ちなみに英文法講義の実況中継は基本書・解説書なので、大学受験でいうと高3の今の時期からはじめたのでは遅いです。
高1・2あたりから学校で習ったところからするのがベストだと思います。
高3からする場合も、せめて3月辺りからはじめて遅くとも夏までには終わらせるのがよいでしょう(浪人である程度知識があればすぐ終わるかもしれませんが、現役の人で文法事項が全て終わっていないときついかもしれません。)


最近近所の主婦の方から娘さんの英語について相談されて、どうも英語が苦手らしくまだ高1なので、これを勧めようかと思っています。
文法だけで言えばこれを一通り終わらせてから、「新・英文法頻出問題演習」などで問題演習をするのがよいと思います。



ちなみに「英文法講義の実況中継」の例文は西先生の単科テキストの巻末付録にも同じものが結構収録されていました。
もしかしてパクリ?と思ったのはここだけの秘密です笑

山口先生と伊藤和夫先生もつながりがあったみたいですし、西先生と山口先生もなんらかのつながりがあるのかもしれませんね。(西先生は1回だけ伊藤先生のことを話していましたが、内容的に誤解を招きそうなので今回は書かないことにしました。今はうまく伝える自信がないので、また機会があったら書きたいと思います。)




 

 




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
今日の一言
国立二次試験まで泣いても笑ってももうわずか。 最後まで悔いなく全力を尽くして頑張ってください!!
ブックマーク
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 国立大学入試最後の追い込みに向けて|おすすめの参考書・問題集・勉強法
    AtoZ (08/26)
  • 国立大学入試最後の追い込みに向けて|おすすめの参考書・問題集・勉強法
    みう (06/06)
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM