大学受験 予備校講師列伝 佐藤幸夫先生 世界史

 

 

 

ずっと参考書やテキストの買取依頼が多かったため久しぶりの更新です。

今回は、予備校講師列伝の9回目、《佐藤幸夫》先生です。


佐藤先生の講義は代ゼミのフレックスで1学期のコンプリート世界史をとっていました。
講義で覚えているのは、内容よりも板書の量が半端なく多かったため必ず手が痛くなったことです(笑)


講義は、最初の30分くらいは必ずその日の講義内容の板書から始まります。
基本黒板全面で、穴埋め部分を除いて黙々と書いていきます。

で、全て写し終わってから講義の後半で説明を加えながらその穴埋めを完成させていく感じでした。(穴埋め以外にも補助的なことも付け加えたりします。)


講義自体は分かりやすいですし、たまに実演とかおもしろ話とかもあったりして良かったのですが、とにかく板書量が半端なく、手が痛くなります。
自分は結構きれいに板書しないと気がすまない派なので、書くのにも時間がかかってビデオを一時停止して書いたりしてました。

そんなこんなで毎回30分くらいは延長して見てましたね(チューターの人には毎回迷惑をかけて申し訳なかったです笑)。


で、まあ1学期だけでとるのはやめてしまったわけですけど、その理由というのは、自分の講座選定ミスです。
再受験で国立狙いだったので、もともと世界史の比重は低かったんですけど、よくわからずコンプリートをとってしまい、よく考えると世界史にここまで時間はかけられないということになりました。

世界史は2次試験用だったんですけど、英・数・国に比べたら配点が低いですし、国立だと記述は多いですが、私立みたいに細かなことまでは聞かれないのです。
講義を受けていると結構細かなことまでしていて自分の志望校とはちょっと合わないなということで1学期でやめました。


佐藤先生の講義自体には、手が痛くなること以外は特に不満はなく(笑)、好印象でした。

あと、これは特に受験に役に立つことではないですけど、黒板に板書しているときに先生がたまに見る巻物?みたいな紙は気になりましたね(笑)あの中に講義内容とかがびっしり書かれているのでしょうか?
あと、当時は吉野先生もまだ在籍していたため、吉野先生との話もよくしてました。
それによると佐藤先生は吉野先生のパシリらしいです。まあ、冗談だとは思いますけどね(笑)

そんなこんなで1学期でやめてはしまいましたけど、講義内容自体は充実していておもしろい先生なので、早稲田とかの難関私立を目指す人にはおすすめと思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:大学受験

 

 

 




大学受験 予備校講師列伝─‖臻抖畧萓検\己

JUGEMテーマ:大学受験
ちょっと間があきましたが、前回に引き続き『予備校講師列伝』の8回目、今回は大堀求先生です。


大堀先生の授業は代ゼミのサテラインで、センター生物を一年間受けていました。

とても失礼ですが、第一印象はあまりぱっとしない感じで、筋肉隆々?で、扇子みたいなものを持っていたので変な人だなという感じでした。
でも、講義自体はとても分かりやすく、ポイントをおさえて教えてくれました。

「ここまででいい」とか「絶対にこうしろよ!!」とか、できなければいけないところとできなくてもいいところの線引きがしっかりしているので、とても勉強しやすかったのを覚えています。
遺伝のところででてきたチャッピーもよかったです(笑)


自分は結局、センター生物の講座を通年で受けて、大堀先生の書いたセンター対策の参考書も使って勉強しました。
講義の中では結構厳しいことも言ってたりするんですけど、そういうことも言いつつ生徒を引っぱってくれるお兄さん的な先生ですね。代ゼミでの大堀先生の講義と参考書でセンターも無事9割近くとれたので今でも感謝している先生です。

代ゼミには他にも中嶋先生とか有名な生物の先生はいますけど、センター生物に限っていえば(もちろんセンター生物以外でも代ゼミの中で一番いい先生ではないでしょうか。
とてもおすすめの先生です。


国公立・私立大学に多数の合格実績のある大学受験予備校 代々木ゼミナール 代ゼミ

代ゼミの口コミならこちら



大学受験 予備校講師列伝А〔攣外戝棒萓検仝妬

JUGEMテーマ:大学受験

今回は《予備校講師列伝》の7回目、『木山一男』先生です。

木山先生は、再受験の時の京大古文の担当でした。
前の年までは望月先生だったらしいのですが、その年から木山先生になったそうです。


講義の方はというと、単語とか文法とかにはかなりうるさい先生のようで…。
それはいいのですが、京大対策の講座なのだからそういうことよりも記述問題の書き方とかそういうところを教えて欲しかったなあと思います。

あんまり講師の方の批判はしたくないのですけど、なんか国立向けじゃないような?という感じでした。
あとは、特に意味のないところでいきなり大きな声をだしたり、自分の講座や参考書の宣伝が凄かったのを覚えています。


そんな感じであんまり良い思い出はないのですが、良かったことといえば、確か前期の京大古文の中盤一回くらいだったと思うのですが、古典常識(『空の概念』)についの説明が抜群に分かりやすかったことですかね。
この回は神に見えました(笑)

他には、夏の単科講座のテキストの付録(古文単語とか文法のまとめ)はとても役に立ちました。(この部分だけ切り取って今でも持っています。)


今回はあまり良いことを書けてないのですけど、たぶん国立向きではなかったのだと思います。
単語とか文法、古典常識の説明自体は良かったので、早慶などの難関私立を目指している方には良い先生ではないでしょうか?



calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
今日の一言
国立二次試験まで泣いても笑ってももうわずか。 最後まで悔いなく全力を尽くして頑張ってください!!
ブックマーク
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 国立大学入試最後の追い込みに向けて|おすすめの参考書・問題集・勉強法
    AtoZ (08/26)
  • 国立大学入試最後の追い込みに向けて|おすすめの参考書・問題集・勉強法
    みう (06/06)
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM